Aroon Prime Trader(アルーン)の口コミと運用実績って実際のところどうなの?【最新版】

「最近私の友達がみんなAroon(アルーン)という
プラットフォームで資産運用していて、私もボーナス入ったので運用してみようと思うのですが実際のところAroon Prime Traderってどうなんですか?」

という質問に今回は答えていきたいと思います。

Aroon Prime Traderは海外では主流のソーシャルトレーディングサービスという形式のもので、海外と比べて情報が10年遅れている日本人からするとかなり新しい形の資産運用サービスで、なんと無料で使えます。

 

本記事の内容

  • Aroon(アルーン)とは
  • 従来のサービスとの違い
  • 向いている人/向いていない人
  • 運用実績について
  • 口コミ

 

正直なAroonの紹介方法

Aroonの紹介方法

これからAroon(アルーン)について
ご紹介していくのですが、

Aroon Prime Traderは
MLMでも紹介系ビジネスでもありません。

つまり、私自身がAroonのことを良い様に記載するメリットが一ミリもありませんので、
良くない面も含め包み隠さず紹介していきます。

 

Aroonは今ホットなサービス

Aroonは激アツなサービス

まずは、Aroon(アルーン)がそもそも何なのか、どんなサービスなのかということについて説明していきます。

Aroon Prime Traderは証券会社の一つで、ソーシャルトレーディングサービスをしている会社です。

ポイント

ソーシャルトレーディングサービスを簡単に
説明すると証券会社と資産運用サービスが
一緒になったものです。


サービス内容

 

 

自分のポートフォリオを無料で組める

Aroon Prime Traderは世界中から300種類以上のプロバイダーを集めてサービスを展開しています。
つまり、プロのトレーダーたちですね。

そのプロのトレーダーたちのそれぞれのトレードロジックを埋め込んだシステムの中から好きなようにポートフォリオを組むことができます。

ポイント

トレーダーたちのメリットは、IB報酬です。つまり自分のトレードロジックを埋め込んだシステムを多くの人に使ってもらうほど報酬が多くもらえるのです。
Aroon自体が証券会社だからこそIB報酬を渡せるという感じです。

 

 

こんな感じで全部で700種類以上のトレードシステムがあり、上からランキング順になっています。
この中から自分自身の好きなポートフォリオを組んで資産運用をするということです。

 

ちなみに私は上位4つのシステムでポートフォリオを組んで実際に運用してます。

私の組んだポートフォリオでは約1ヶ月で利益率が12.91%出ました。(まあまあ良い感じ)ポートフォリオ組んだら自動的に資産運用してくれるので、とても楽です。

トレーダーたちもランキングを上げてIB報酬を貰いたいので日々試行錯誤してより良いシステムを作ろうとします。

私たちユーザー側からしたら、トレーダーたちがランキングを争って日々システムを良くしてくれるのは助かりますね。

これもAroon自体が証券会社だから
実現していることです。

 

プロトレーダーも監修

なんとAroon prime traderでは、システムだけでなくプロトレーダーも常に監修に付いてます。

システムだけだとどうしても経済指標(トランプの発言一つで暴落したり)とかには対応出来なくなってしまうのですが、プロトレーダーが常に監修しているので、経済指標の予測と・対策もされる仕組みにもなっています。

それこそアメリア大統領選挙の時は、当選する大統領が誰なのかによって相場がかなり荒れるのですが、そういう時は”運用を一時的に止める”のが一番大事だったりしますからね。

経済指標のリスクがなくなるのは、かなりの安心材料になります。

 

いつでも決済可能

Aroon(アルーン)は自分自身の口座で資産を運用できるのでいつでも好きな時に決済することができます。

また出金方法にBTCがあるので24時間以内に出金を反映させることも可能です。

 

 

サポート体制が万全

Aroon Prime Traderでは
24時間、経験豊富で多言語対応可能なスタッフが常駐しているので、いつどんな時でも質問やお問い合わせなど迅速かつ丁寧に対応してくれます。

 

手数料が掛からない

Aroon Prime Traderは直接的な手数料がかかりません。
じゃあ、会社側はどこで儲けているのかというとほとんどの証券会社と同じようにスプレッドの部分ですね。取引量が増えれば増えるほど会社側も儲かります。

広い画像ですが
スプレッドはこんな感じです⬇︎⬇︎

 

口コミ

23歳 ko-22さん(男)
お試しで30万で初めてみましたが、選んだシステムの組み合わせが良かったのか1か月で13万も増えてくれて超ハッピーです。きちんと出金も出来たので追加で増資します。

32歳 michanさん(女)
400万のアカウントが放置していてストラテジーが一つでしていて一ヶ月800万になっていてびっくりしてます。増えているかチェックするのが平日の楽しみになりました。

24歳 masatoさん(男)
社会人2年目です。実際にAroonを使ってみて確かに資産運用としてはかなり良いなとは感じました。ただ、ポートフォリを組んだ後は基本放置なので、チャートを分析したりというスキルは身に付かないです。なので、投資信託みたいに任せたい人にはかなりおすすめですが、チャート分析スキルが欲しい人には不向きだと感じました。任せたい派の私にとっては最高ですw

43歳 take99(男)
個人的に入出金がBTCなところが嬉しいですね。Aroonで運用して増やした分をBTCに替えて、そのBTCの価値が上がればさらに美味しいですからね(笑)普通の投資信託を使うと、利益分は全て税金の対象になってしまいますが、Aroonの場合、増えた分もBTCにできるので助かります。

Aroon(アルーン)の
メリット・デメリット

Aroon(アルーン)のメリット・デメリット

Aroonに限らず、何か新しいサービスを利用するときは、メリットだけでなくデメリットも気になりますよね。

何度も言いますが、今回紹介している
Aroon Prime TraderはMLMでも紹介系のビジネスでもなく証券会社の一つのサービスなので、私自身が良い様にいうメリットがありません。

なので、デメリットの部分も包む隠さずお伝えしちゃいます。

 

デメリット

実際にAroonでの資産運用をしてみて、感じたデメリットの部分でいうと「自分のスキルにはならない」ということがあげられます。

言ってしまえばAroonは自動的に資産運用してくれるサービスなので、自分自身のトレーディングスキルが向上することはほとんどありません。

私のように自分自身のトレーディングスキルの向上に対してそこまで興味がない人にとってはとても良いサービスですが、そうでない人にとってはデメリットですね。

 

デメリット2
入出金がBTCのみ

Aroonは運用自体はドルで行われますが、24時間決済をサービスの特徴としているだけあって入出金はBTC(ビットコイン)のみです。

BTCを持っている人からすると入出金がとても楽なのでメリットに感じられるかもしれませんが、BTCを持っていない人はBTCを用意するところからスタートしないといけません。持ってない人からするとかなりデメリットですね。

 ポイント

BTCは▶︎GMOコインで簡単に
用意することができます。

 

デメリット3
運用資金が必要

当たり前ですが、Aroonは証券会社が運営する”資産運用”サービスなので、そもそも運用できる資産がないと運用を始めることはできません。

Aroonは最低でも3000ドル(約33万円)以上からの運用が推奨されていますので、余剰資金がない方は、お金が貯まるまで資産運用を始めない方がいいかも知れませんね。

 

デメリット4
稼ぎすぎると税金が面倒

年間20万円以上の利益を出してしまうと、税金の申請をする必要があります。賢い人は金券や商品券を購入して(経費にできるから)税金の調節をしますが、調節の仕方を知らない人は、申請が面倒に感じる可能性は高いです。

金券・商品券の購入はらくチケがおすすめです。

 


メリット

Aroonは海外では当たり前のサービス形態なのですが、情報が遅れている日本では新鮮な感じもあるかもしれませんね。

それ故にメリットもわかりやすいです。

実際にAroonで運用してみて感じた
メリットの一つは”めちゃくちゃ簡単”ということです。
私自身さまざまな資産運用サービスを利用してきましたが、Aroonが群を抜いて簡単でした。

例えばポートフォリオの組み方も人それぞれですが、
ランキング上位を選んどけば安パイに月12%くらい増えましたし、入出金のやり方もとてもシンプルで簡単でした。

月12%って100万で運用すれば月12万の利益ですからね、個人でトレードしている人からすると少ないと感じるかもですが、自動収益と考えるととても良いですね。

 

メリット2
いつでもやめれる

Aroonはあくまでも自分自身の口座で運用をしてくれるので、運用をやめたい時に即座にやめることができます。

資金ロックが一切ないのは安心ですね。
それこそ、仕込みたい仮想通貨を見つけたタイミングでAroonから資金を一部抜いてその仮想通貨を購入するとかも出来ちゃうわけです。

 

メリット3 安定してる

先ほども説明しましたが、Aroon Prime Traderでは世界中のプロトレーダーが自身のトレードロジックを使って貰って報酬を受け取ろうとするので、ランキング上位になろうと努力してくれます。

ランキングの指標には”収益率”だけでなく”安定性”も入っているのでランキング上位のロジックは安定性も高いです。

中には”収益率”がとても高いけど、”安定性”がないロジックもありますが、そういうのはランキング上位には入らないので、投資初心者でも比較的安心してサービスを利用することができます。

 

メリット4 無料で使える

何度も言いましたが、Aroonは無料で使うことができます。Aroon証券会社自体はスプレッドの部分で収益を得ることができるので、使用料をわざわざ取る必要がないって感じですね。
(スプレッドについては上記で説明してます。)

例えば巷ではよくFXの1つのEA(自動売買システム)に対して10万〜50万くらいで販売されていますが、Aroonは700種類のEAを使えるのに無料です。

これが可能なのもAroon Prime Traderがソーシャルトレーディングサービスと言って海外では当たり前だけど、日本ではまだ普及していないサービス形態をとっているからなのです。

ポイント

ソーシャルトレーディングサービスとは
証券会社内で自動売買システム(EA)を
用意して、それを提供するサービスのことです。


言ってしまえば、従来のEA販売業社は1つのEAに価格をつけて儲けていたのに対して、Aroonは自社証券内で700種類ものEAを用意して、それを使って貰うことで発生するスプレッドで儲けているのです。

つまり、従来のEA販売業社はそのEAの性能関係なしに儲けることができていましたが、Aroonの会社はEAの性能が良くないと稼ぐことができないので、Aroonを使うユーザーからしたらとても信用に値するわけですね。

だからこそのランキング形式って感じもします。

 

メリット5マイナスはない

Aroonはレバレッジ300倍での取引も実現しているのですが、自動ロスカット水準が証拠金維持率の20%に設定しているので入金した資金が0になることはありません。

この自動ロスカットが設定されていない証券会社を使うと例えば入金100万に対して200万のマイナスになってしまう可能性があるのですが、Aroonは自動ロスカットが設定されているので、そこも安心材料です。

メリット6
経済指標的リスクがない

先ほども説明しましたが、Aroon prime traderはプロのトレーダーが常に監修しています。

トレードロジックを埋め込んだシステムだけだとどうしても経済指標的リスクが発生してしまう(大統領が誰になるかで相場が大きく荒れる)のですが、プロのトレーダーが監修しているのでそういう経済指標にも対応することができます。

プロトレーダーが監修しているか否かは、
DJブースでただ単にCDで曲を流すのと、
DJがCDに合わせて曲をアレンジできるくらい変わってきます。
 

とにかく経済指標的リスクがないのはかなりのアドバンテージになります。

 

▶︎まとめに移動する

 

バックオフィスの見方

バックオフィスの見方

別の記事でもより詳しく説明していますが、こちらの記事でもAroonのバックオフィスの見方を軽くご紹介します。

 

ランキング画面

ランキング画面

Aroon prime traderにログインするとこのような画面になるのですが、まず上からランキング順にシステムが並んでいます。

①運用期間

そのシステムがどのくらいの期間稼働しているかを表しています。1位の人だと1年3ヶ月って記載されてますね。

②成長

そのシステム自体が運用始まってからどのくらいの成長したかを示しています。

③月平均

平均して月にどのくらいの利益を出してるシステムか

④最大ドローダウン率

これは最大でどのくらい資金が減ったかを示しています。例えば1位の人だと36%ですね。例えば100万入金したのに、64万まで減った時期が一瞬あったよってことです。

⑤DD回復時間

④の最大ドローダウン率がどのくらいの期間で回復したのかを表しています。例えば1位の人は1週間と2日で回復していますね。DD率36%で100万入金だったとして、一時64万まで減ったけど1週間くらいで100万まで回復したということです。

⑥オススメの最小

最低限このくらいの資金で回した方がいいですよってことを表しています。大体400ドル〜1300ドルくらいで記載されていますね。

⑦収益率

そのシステムがエントリーしたらどのくらいの確率で勝てているかを示しています。例えば1位の人は76%の確率で勝っています。

宝くじ10個勝ったら7〜8個当ててるのと同じなのでかなりの勝率です。

⑧ストラテジー提供者

そのシステムのロジック提供者です。この人たちの運用ロジックを埋め込んでいます。

 

ポイント

ストラテジー提供者たちはIB報酬を貰っているので、自分のロジックを埋め込んだシステムを使って貰えばもらうほどメリットが発生します。だからこそ日々上質なものになるように研究を続けてくれているのです。

トレーダーたちの詳細

バックオフィスではトレーダーたちの運用方法や第三者評価、口コミなども見ることができます。

 

月別運用利益率

Aroon(アルーン)月別運用利益率

これは1位の人の月別運用利益率ですが、1年3ヶ月運用している中で1ヶ月だけ5%くらいのマイナスですが、それ以外は10%くらいのプラスですね。

 


サービス内容

 

成長率+レバレッジ数

 

トレーダー毎の成長率やレバレッジ数などもグラフ上で記録されています。

レバレッジに関してはトレーダーが勝手に掛けてくれるのでこちらで何かすることはないのですが、1位の人で20〜30倍くらいのレバレッジを掛けてますね。

中にはレバレッジ300倍の人もいますが、その人はランキング下位なのでハイリスクハイリターン系だったりします。

1位の人は固くやってる感ありますね。

 

自分自身のポートフォリオ

Aroon(アルーン)ポートフォリオ

もちろんAroon(アルーン)では自分自身のポートフォリオを確認することができます。

自分が選んだトレーダー毎の成長率や利益、取引回数なども見れます。

利益損失に至っては、”利確済み”のものなので利益が確定している部分になります。3万ドル入れて約1ヶ月で3800ドル以上の利益が出てるので、ランキング上位者たちはかなり安パイですね。

 

まとめ 運用して本当によかった

まとめ 運用して本当によかった

これまでAroon(アルーン)についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

Aroon自体が証券会社だからこそ、会社側はスプレッドで儲けることができるのでユーザーは無料で使うことができるのはかなり理にかなっていますね。

ストラテジー提供者もより多くのユーザーに自分のロジックを使ってもらうメリットがあるからこそ、日々いいシステムを研究し続けてくれるのも、ユーザー側からしたらかなり助かります。

もちろんあくまでも投資なので分散がおススメですが、私自身、今まで数多くの投資をして来た中でも、トップクラスに理にかなっていたのでかなり高い確率で増資しようかなと検討しているところです。

 

ボーナスを効率よく増やしたいのであれば、マストなサービスかも知れません。銀行に100万円を入れても年間10円しか増えないということ考えると、20代でも資産運用を始めた人から人生が有利になっていくのは間違いないですよね。

▶︎今すぐAroon(アルーン)で
無料口座開設をする

登録は無料です。1分で口座開設できます。
下記のオープンチャットで完全サポートしてくれます。

 

LINEのオープンチャットはこちらです。
登録後の流れもオプチャ内のファイルにある取扱説明書に
わかりやすくステップ解説されています。
▶︎オープンチャット「aroon fx」