通貨ペアの強弱の見方を簡単に解説してみた。【FX入門編】

「FXの通貨ペアの強弱の見方がよくわかりません。そもそも通貨ペアの強弱にはどんな意味があるのでしょうか?」

今回はこんな質問に答えていきます。

 

本記事の内容

FXの通貨ペアとは

通貨ペアの強弱の見方

通貨強弱をトレードに活かす方法

 

FXの通貨ペアとは

FXの通貨ペアとは

FXは、USD/JPY(ドル円)であれば「ドル」と「円」など、2つの通貨を組み合わせた「通貨ペア」単位で
トレードを行います。

例えば、米ドルと日本円では「USD/JPY」
ユーロと米ドルならば「EUR/USD」と表記されます。「/」で2つの通貨が区切られていますが、左側は「基軸通貨」で購入する通貨のことを指し、右側は「決済通貨」で売買する通貨を意味しています。

つまり、「USD/JPY」を買うということは、
日本円を売って米ドルを購入するということです。

 

通貨の組み合わせは2種類

通貨ペアの組み合わせは大きく分けてメジャー通貨同士の組み合わせとメジャー通貨とマイナー通貨の組み合わせの2種類です。

 

メジャー通貨同士は初心者向け

メジャー通貨同士の通貨ペアとして代表的なのは、「米ドル/円 (USD/JPY)」や「ユーロ/米ドル (EUR/USD)」などです。

メジャー通貨同士の通貨ペアの特徴

  • スプレッド(取引コスト)が安い
  • 情報が入手しやすい
  • 相場が安定している

一回の取引ごとのコストが安いことや相場が安定していることから、デイトレードのような短期取引に向いているのがメジャー通貨同士の通貨ペアの特徴です。

 

マイナー通貨✖️メジャー通貨は
上級者向け

マイナー通貨同士の組み合わせと違って、マイナー通貨とメジャー通貨の組み合わせはかなり上級者向けです。

例えば「南アフリカランド/円 (ZAR/JPY)」や「トルコリラ/円 (TRY/JPY)」といったマイナー通貨とメジャー通貨での通貨ペアの特徴は次のようになっています。

 

マイナー通貨とメジャー通貨での通貨ペアの特徴

  • スプレッド(取引コスト)は割高
  • スワップ(金利)が高い
  • 相場が急変することがある

マイナー通貨とメジャー通貨での通貨ペアは相場変動が大きく、ハイリスクハイリターンなので上級者向けです。

 

ポイント

マイナー通貨とメジャー通貨での通貨ペアはスワップが高く、保有しているだけでも利益が出るので、長期でのスワップ狙い投資をすることもできます。

 

通貨ペアの見方

通貨ペアの見方

通貨ペアの強弱とは一言で説明すると、
主軸通貨に対して決済通貨の売り圧、買い圧どちらの方が大きいのかです。

子供の頃に遊んだシーソーのように
どちらかの通貨が買われれば(高くなる)
どちらかの通貨が売られます(安くなる)

この高い、安いの基準を「主軸通貨」を基準として考えるのです。例えば「USD/JPY」だったらUSDが主軸通貨で「EUR/JPY」だったらEURが主軸通貨になるように、左側に記載されている通貨が主軸通貨になります。

 

通貨ペアによってトレンドが読める

通貨ペアの強弱の見方を知っていったい何になるんだと思う人もいるかもしれませんが、通貨ペアの強弱を見ることができればチャートのトレンドが読めるようになります。

 

ポイント

上昇トレンド、下降トレンドを読み取る能力は
トレードの世界では必須です。
 

 

 

ツールやサイトを使って見る

多くの人は通貨ペアの強弱を専用のツールやサイトで確認しています。

 

例えば私は通貨強度メーターというサイトを利用していますが、その瞬間の通貨ペアの強弱を見ることができるのでなかなか使いやすいです。

これの見方はとても簡単で主軸通貨と決算通貨のどちらの方がボックスが大きいかでその時点の通貨ペアの強弱を見ることができます。

例えば上記の写真だと「USD/JPY」ならUSD5個:JPY4個なのでUSDの方が強いと言うことになります。

 

ポイント

主軸通貨の方が強い場合は上昇トレンド
決算通貨の方が強い場合は下降トレンド
 

 

 

通貨強弱をトレードに
活かす方法

通貨強弱をトレードに
活かす方法

先ほども説明しましたが、通貨ペアの強弱を見れるように分かると、そのタイミングでのトレンドを読み取ることができます。

 

上昇トレンドなら下がった
タイミングで買い

上昇トレンドなら下がった
タイミングで買い

トレードの基本の部分になりますが、上昇トレンドの時は下がったタイミングが買いエントリーの狙い目です。

 

下降トレンドなら上がった
タイミングで売り

下降トレンドなら上がった
タイミングで売り

上昇トレンドの時とは逆で、下降トレンドのときは上がったタイミングが売りエントリーの狙い目になります。

 

ポイント

もちろんチャート上で自身のルールに沿って線を引き分析した上でトレンドに沿ってエントリーするのが基本になるので、トレンドだからと言ってエントリーするのはあまりしない方がいいです。 

まとめ

まとめ

通貨ペアの強弱の見方を知ることによってトレンドを読み取ることができ、より有利な状態でトレードできることがわかったと思います。

投資をする人には自分でトレードして資産運用する人、人に任せて資産運用する人、またはその両方に当てはまる人がいます。

自分自身でトレードする力を身に付けたい人はIMアカデミーでチャートの分析方法などを勉強するのも良いし、運用は任せたいという方は今流行りの
Aroon Prime Trader(アルーン)で運用を任せるのも良いかもしれませんね。